クロスステッチに使用する針

普通、縫物をする時に使う針は、先が尖っていますよね。

これは、刺繍糸でも同じなんですが、クロスステッチ用の針は、先端がすこーしだけ、丸くなっているんです。

いくら、丸くなっているといっても、針ですからね。突き刺さしたら痛いですからね。

ただ、普通の布を縫おうと思っても、布に針が刺さらない、イライラって言う感じにはなります。

これは、クロスステッチ用の生地には、針を通すための穴が開いているので、

布に針を突き刺してステッチする必要がないからなんですね。

3/4ステッチでも、糸の間に針を通せばいいだけなので、先が尖っていないと困るということはないんです。

 

DMC FABRICS PRECUT AIDA(アイーダ/綿100%) DC87(16カウント・60目) Ecru

 

これは、16カウントアイーダですが、見ての通り、4隅に穴が開いた□の連続で1枚の生地ができていますね。

で、この□の中は5本の糸が並んでいるだけで、密度は低いんです。

そのため、四隅の穴を無視したデザインも多いのですが、難易度は高くなります。

私個人としては、無理に3/4ステッチを多用しなくても・・・、とは思うんですが、

先端のとがったものを表現したい場合は、ピンポイントで使うのはありでしょうね。
クロスステッチ 刺繍キット クッション用花柄

こちらは、クロスステッチに使う専用針。

はい、突き刺さりません。

でも、何かのはずみで突き刺さっちゃうこともあるので、糸を引っ張る時など、周囲の人に当たらないように気を付けてくださいね。

 

クロスステッチ針は19~23番までの大きさがあります。

番号が大きくなるほど、穴が小さくなるので、4人の天使の作品をステッチする場合は23番を使用してください。

それ以外のものでも構いませんが、通す穴が広がって、全体が粗い印象になることがあります。

抜きキャンパスを使う時には、フランス刺繍用の針を使った方が良いです。

クロスステッチ用の針を使うのは、あくまでも、クロスステッチ用の生地を使用する時だけ。

リネンを使用する時でも、クロスステッチ用刺繍針で大丈夫です。


4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。 オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください