クロスステッチに使う布


刺繍は、大抵、どんな布を使っても、ステッチすることができます。

でも、クロスステッチの場合、専用の布を使うことがほとんどなんですよね。

リネン(麻)は、上級者に人気があるけれど、2目に1カウントのステッチをする必要があるので、

それだけ、間違い易いんです。

間違って、依れた柄が浮き出してから、糸を解いてやり直して・・・

多分、こんなことを繰り返していたら嫌気が差してしまうと思うんですよね。

だから、私はアイーダでしかデザインをしません。

 

クロスステッチの布は4隅に小さな穴が開いた□がタイルのように並んでいます。

その小さな穴に針を通せばいいので、目数さえ間違えなければ誰でもきれいにステッチができます。

他にもジャバクロスという布を使ったりしますが、こちらは、9カウント、11カウントと目が粗いので、

クロスステッチ初心者さん向けかも。

長く、クロスステッチをやっている人の中にもジャバクロスの愛用者さんは、たくさんおられますが、

どうしても、模様が粗くなるので、私は苦手です。

 

こういった、専用の布以外にクロスステッチをしたい場合は、抜きキャンバスという道具を使います。

これがあれば、どんな布の上でも、きれいなクロスステッチを仕上げることができるんですね。

因みに、クロスステッチ以外の刺繍でも、直線や幾何学的な文様をステッチする時には重宝しますね。

 

4人の天使で使用するのは、アイーダ(コットン)です。

これが、1番、さし易くて、間違えることも少ないです。もちろん、デザインによっては、こんなものやっていられるかっ!

って、投げ出してしまうものがないとはいえませんが(汗)

リネンに比べて安価で手に入るのも良いですね。

DMC社のものがお勧めですが、韓国製のものは、もっと安価に手に入ります。

海外輸入キットの中には、韓国製、中国製のものが多く見られるようになりましたね。

何処の製品が良いかは、相性もあるので、何とも言えませんが、

最初は小さいものをステッチして、感触を確かめてみても良いと思いますよ。


4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。 オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.