「夏の薔薇」に苦戦中

私にしては、珍しいデザインの「夏の薔薇」。

一目惚れして買ったはいいけど、見た目ほど簡単にはチクチクさせてもらえません。

なんといっても、飛び目が多い。

面倒くさがって、最初にマス目に線引きをしないから、

ひたすら目数を数えてはチクチク。

色数も14色と少ないのに、進みが遅いのは飛び目のために数を数えることが多いから。

それでも、何とかここまでチクチクしましたよ。

今、チクチクしているところは左右対称だけど、

全体のデザインは決してそんなことはなくて、バラバラのデザインが寄せ集めになってる感じ。

それが、絶妙なバランスで配置されていて、

本当に素敵なデザインなんですよねー。

でも、チクチクする方は大変です。ほんと、飛び目には泣かされますね。

夏の薔薇には、フレンチナッツはないけれど、

バックステッチでサンプラーのように文字をチクチクする箇所があります。

バックステッチ自体は嫌いじゃないし、特殊糸がないのが嬉しい。

でも、何回でも言うけど、バラバラのデザインが、一つにまとまっている分、

目数を数えるのに一苦労。

それなら、先に線引きしておけよっていう声が聞こえてきそうですが、

なんか、邪道な気がするんですよ。

クロスステッチはなにも書かれていない布に、チクチクして模様を表現していくアート、

っていう意識が強いんでしょうね。

クロスステッチって、本当に素敵な刺繍だと思うんですよね。

フランス刺繍もいいけど、やっぱりクロスステッチの方が好きだなあ。

×印を作るだけの簡単な刺繍じゃん、

誰でもできるじゃんってバカにする人も多いけど、

1度、やってみたらハマるんじゃないかと思うんですよね。

なんと言っても、その×印で曲線まで表現しちゃうんだからすごいです。

実は、この箇所、間違って刺してしまったところがあるんですよね。

でも、直しようがないので、正しい方も間違ったデザインに合わせてあるんです。

何処だか、指摘されてもわからないんじゃないかと思うんですが、

気が付いた時には真っ青になりましたね。

だって、直しようがないんですもん。

切って、解いて、刺し直せばいいんだろうけど、そこまで大袈裟にするほどのこともなし、

こういうのが、1番、悩むんですよね。

どうしようもない(刺す列を間違えたとか)ミスの場合は、

潔く解くことも辞さないけれど、あまりにも小さいミスだから

そこまでする必要はないって感じてしまって。

この辺に性格が出てしまいますね。

細かいことは気にしないっていうわけではないけれど、

何処を間違えたのか分からない一目のために解くのはちょっと・・・

この辺りが、私のダメな部分かもしれませんよね。

さあ、明日も、少しでも針を持つ時間があることを願って、頑張ります!

スポンサードリンク


4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。 オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください