厨房雑貨、バックステッチここまで進みました

クロスステッチとバックステッチ、フレンチナッツの中で

何が1番難儀するかといえば、フレンチナッツなんですよね。

いつもは1番最後に持ってくるフレンチナッツを今回はバックステッチの前に

チクチクしてみました。

図案の指示では1本取りということだったのですが、

1本の刺繍糸でフレンチナッツを作っても

存在感まるでなし。

勝手に2本取りに変更して、チクチク。

まだ、ピリピ人への手紙の文字をチクチクしていないので、

そこに入るフレンチナッツはまだですが、他はフレンチナッツ刺し終りましたよ。

そして、次の難関であるバックステッチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか頑張って、ここまで勧めました。

バックステッチは基本的には1本取りなんですが、

花や葉っぱの茎の部分は濃い緑の2本取り。

JAMやCOOKINといった文字も濃い青での2本取りになります。

でも聖書の一文は1本取り。

まだまだ、先ですね。

今は、バックステッチでぼんやりしていたクロスステッチのデザインを

引締めているっていう感じです。

バックステッチは、何も一目一目刺す必要はないけれど、

裏側がどうしても汚くなってしまうんですよね。

裏も綺麗に刺そうという試みは、バックステッチで見事に覆されました。

解こうにも解けないし、

無理に解こうとするとクロスステッチの部分まで影響が出てしまいますからね。

もう、目を瞑るしかありません。

刺繍糸はこんがらがるし、解けば糸が痩せてしまって切れてしまうしで、

散々な思いをしながら、毎日、バックステッチを続けています。

 

大変なんですけどね。

嫌いじゃないんですよね。

カントリー柄はやっぱりバックステッチがないと

引き締まった感じがしません。

ぼんやりした印象しか持てないんですよね。

バックステッチで形を表したりすることも多いし、

なくてはならないものだと思うんですよ。

目数を数えるのは大変だけど・・・

 

まだまだ、先は長いバックステッチですが

少しでも綺麗に仕上がるように頑張ってチクチクしています。

クロスステッチが上手く出来ていないとバックステッチも上手くいかないものですね。

もっと、上達しないとダメだなあと、独りごとを言いながら今日もチクチク頑張ります。

スポンサードリンク




4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。 オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.