あと一息!

相変わらず「かわいい手芸屋さん」のバックステッチに苦戦しています。

すぐに切れてしまうダークブラウンの刺繍糸は、足りなくなるどころか余るくらいで、

ダークグリーンの刺繍糸が足りなくなって、それは追加で購入しましたが、

なんとか、放り出さずに完成しそうです。

 

これまで、何回も途中で諦めているだけに、最後まで気が抜けませんが

来年、1月中には完成すると思うんですよね。

 


 

あと、バックステッチをチクチクしなければならないのは、赤茶色とダークグリーンを残すのみ。

でも、赤茶色がまた難物なんですよね。

2階部分の屋根の柄をバックステッチで作らなければならないんです。

ところが、図案と見本ではデザインが微妙に異なっていたりして

どちらを信用したらいいのか分からない状態が続きます。

おまけに、色違いのバックステッチが多いせいか、バックステッチの記号が、本当に読み辛い。

ステッチャー泣かせのデザインですね。

 

まあ、自分が何も考えずに選んだので、自業自得だとは思うんですが、

せめて、もう少し親切な図案にしてくれてもいいんじゃないかと思うわけです。

飛び目があるのは仕方ないことなんだなあって再確認することが出来たし、

バックステッチで、ここまでデザインをしちゃっていいんだと勉強になることもいっぱいありますが、

図案の読み辛さだけは許せません。

おかげで、チャートと見本を見比べながらのチクチクで、時間は取られるし、

指や手首は痛くなるしで、なかなか、集中してチクチクとできないんですよね。

私は、バックステッチをする時には、刺繍枠を使わないので、

なおさら、手首に負担がかかるのかもしれません。

「かわいい手芸屋さん」は、バックステッチがデザインを作っていることもあり、

刺繍枠を使うと、しょっちゅう、枠を外して付け替えるという手間が生じてしまうんです。

その手間が惜しくて、刺繍枠を使っていないんですが、やっぱり、刺繍枠を使った方が刺しやすいですね。

手首の負担を考えると、スタンド型の刺繍枠が優れものだと思うのですが、どうでしょうか。

こういうタイプの刺繍枠だとハンズフリーでチクチクできるので、良いと思うんですけどね。

 

私の作業スペースは、ダイニングテーブルの隅っこなので、

こういった場所を取るものを置きっぱなしにすることはできませんが、

もし、作業台があったら間違いなく購入しますね。

だって、絶対に楽ですもん。

大型のデザインのクロスステッチをする時は、もっと大きな四角形のスタンド型が便利だと思いますが、

私がチクチクする大きさなら、このくらいの刺繍枠でじゅぶんかなっていう感じです。

次に、ブログを更新する時は、「かわいい手芸屋さん」が完成した時になると思うので、

また、遊びに来てくれると嬉しいです。

スポンサードリンク

4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。
オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です