刺繍枠は無くてもステッチできるけれど、できれば使った方が良いよね

フランス刺繍をするには、刺繍枠を使わないのは無謀だと思うけれど、

クロスステッチに関しては、刺繍枠がなくても、それなりに、何とかなってしまうののです。

特に、クルミボタンサイズのクロスステッチでは、反って刺繍枠が邪魔。

だけど10cmくらいの大きさのデザインだと、やはり刺繍枠があった方が、綺麗にステッチできますよね。

 

私が使っている刺繍枠は、木でできた円形のオーソドックスなものだけれど、

今は、プラスチック製のものが安価で販売されているし、

刺繍枠の留め金に糸が引っ掛からないようにできた刺繍枠の販売もされています。

従来のものにべると、御値段も高いので、ついつい敬遠してしまうんですが、

チクチクしている最中に糸が留め具に引っ掻かかと本当イラッとします。

 

 

これが、糸が引っ掛かり難いとい評判の刺繍枠。税込でも1000円以下で買えますね。

私が、はじめてであった頃に比べると、大幅に値下がりしてます。

この値段なら、私も買おうかしら。

 

で、手で持つタイプの刺繍枠は、案外ステッチしている部分を指で押さえたりして、

手が痛くなるんですよね。

下手をすると腱鞘炎になっちゃうんじゃないかと思うこともあります。

今のところ、そこまで重症化していませんが、

刺繍枠を持った手の中指で糸を抑えてしまうのは私だけではないらしく、

ステッチャーさんの多くが同じ悩みを抱えているみたいです。

 

 

刺繍枠を手で持つ必要がないタイプもあります。

うーん、でも、やっぱり糸を抑えたくなる衝動に抗えないような予感。

 

 

これは、大きなものをステッチする時に便利。

四角い刺繍枠は珍しくないけれど、これだけ大きいと刺繍枠だけでも存在感ありますよね。

滅多に、こんな大きい刺繍枠は必要にならないだろうし、なんといっても大きさが大きさだけに、

我が家では置き場所がないので、いつかは欲しいなリストに入っています。

まあ、これだけ大きいと、糸を抑えること自体に無理があるので、手の痛みからは解放されそうですよね。

 

先日、20年近く愛用していた刺繍枠がひとつ壊れてしまったので、新しいものが欲しいのですが、

昔に比べると、バリエーションが豊富になり過ぎて、どれを選んだらいいのかわからなくなりますよね。

1週間お試しとかあればいいのに・・・


4人の天使

4人の天使

素敵なハンドメイドライフのお手伝い。 オリジナルクロスステッチ図案専門店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください